So-net無料ブログ作成

無鄰菴 [庭園]

    無鄰菴(むりんあん)は山縣有朋の別邸で七代目小川治兵衛の作庭。
    お寺ではないのですが[あせあせ(飛び散る汗)]



無鄰菴9 (700x468).jpg

    南禅寺のすぐ西側、琵琶湖疏水のほとりにある。南禅寺界隈別荘の一つ。
    琵琶湖疏水を庭園に引き込み、いい川の流れを作っています[グッド(上向き矢印)]



無鄰菴2 (700x467).jpg



無鄰菴3 (700x458).jpg



無鄰庵1 (700x454).jpg

    まずは母屋でお抹茶を頂き庭を眺めて



無鄰菴5 (700x466).jpg

    そのあと庭を探索する



無鄰菴4 (700x467).jpg

    少し色づいた楓に足を止め



無鄰菴6 (700x463).jpg

    でもまだまだ青いやん!と心の中で思い



    無鄰菴10 (467x700).jpg

    もう少しで紅くなる庭を!心の中で想像をする



無鄰菴8 (700x467).jpg

    それはそれは素晴らしい景色になるでしょ[手(チョキ)]


    こんな綺麗な庭があるなんて!本当は知りませんでした[たらーっ(汗)]
    南禅寺のすぐ近く、是非お立ち寄りください[手(チョキ)]


                       -おまけー


銀 (700x479).jpg

                       不動明猫[たらーっ(汗)]

祇園甲部歌舞練場庭園 [庭園]

    祇園甲部歌舞練場. 明治6年、花見小路通西側にあった建仁寺塔頭清住院が歌舞練場として
    改造され、第2回都をどりから使用されました。
    祇園甲部とは江戸時代、祇園社(現在の八坂神社)の門前に、湯や茶のほか酒も出して
    もてなす茶店(お茶屋)が経ち始めた。明治初期に「祇園」の範囲に広大し、現在のお茶屋61軒
    芸舞妓が89名が在籍する、京都の五花街でもっとも大きな花街として知られている。
    
    特別公開がなければ、僕には一生縁のない所です[ふらふら]


祇園1 (710x473).jpg


祇園2 (710x307).jpg

    いろいろ説明してくれましたが、今はお寺じゃないので馬耳東風[眠い(睡眠)]
    でも眺めは良かったです。



祇園3 (710x473).jpg

    庭園は池を中心とした回遊式庭園です。
    たまたま雲が龍のように見えて(僕が思うだけ)何とも幻想的でした[グッド(上向き矢印)]


祇園4 (710x472).jpg


祇園5 (710x472).jpg


祇園6 (710x473).jpg

    織田信長の弟で茶人であった織田有楽斎の邸跡にあたると伝えられている。らしい[exclamation&question]
    庭自体は金持ちの人の家の庭という感じで綺麗でしたよ[わーい(嬉しい顔)]


IMG_4878 (710x473).jpg

    おはなは相変わらず暑いのか?おっぴろげ~の日々が続いてます[手(チョキ)]

大河内山荘庭園 [庭園]

    嵐山!京都で1,2の観光地[グッド(上向き矢印)]修学旅行と中国人の団体がうようよ[たらーっ(汗)]
    静かな所は無いのかい!ありました[るんるん]


    大河内山荘10 (427x640).jpg

    竹林を抜けると[exclamation]


    大河内山荘(おおこうちさんそう)は京都市右京区嵯峨にある日本庭園。
    時代劇などで知られる俳優大河内傳次郎が別荘として造営した回遊式庭園です[わーい(嬉しい顔)]


    大河内山荘2 (426x640).jpg


大河内山荘3 (640x426).jpg

    とても静かです。


大河内山荘4 (640x427).jpg


大河内山荘5 (640x427).jpg

    苔の庭も


大河内山荘6 (640x418).jpg

    比叡山を借景にした展望台も


    大河内山荘7 (418x640).jpg

    瓦の回廊も素晴らしい[グッド(上向き矢印)]四季折々に趣があります。
    百人一首で有名なここ小倉山からの雄大な風光に魅せられ、
    30年に渡り丹精こめて、こつこつと造りあげた優美な庭園です。


大河内山荘8 (640x427).jpg

    庭園をゆっくり見学をした後はお抹茶を頂き。


大河内山荘9 (640x416).jpg

    竹林を眺めながら、ゆっくりと時を過ごす。嫌なことを少し捨てることが出来ました[わーい(嬉しい顔)]

    子供の頃見た丹下作善は大河内伝次郎ではなかったのだろうか?
    この人は僕が生まれた1962年にこの世を去っています[手(チョキ)]

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。